出店者インタビューVol.29「Little Kitchen Soleil」北河陽路さん

CATEGORY | SHOP
POSTED | 2018年12月24日
 » 出店者インタビューVol.29「Little Kitchen Soleil」北河陽路さん

みんなのお腹を満たすごはんと想いを積め込み移動するフードトラック、
今回は毎週水曜日に出店している、鉄板鶏飯「Little Kitchen Soleil(リトルキッチン ソレイユ)」
をご紹介します。

食の道を歩き14年目

専門学校を2年、ホテルの和食部門を3年、六本木の割烹料理店を1年、そしてフードトラック7年目と、
“食”の一本道を貫き歩いている北河さん。行き着いたフードトラックという形態の魅力は、
「お客さまとの距離感が近いこと。顔を見ながら直接ごはんを渡す、そのやりとりから学ぶこともあります」
と言います。

<シックなボディのフードトラック。もう一回り小さい、軽のフードトラックと2台所有しています>

鉄板鶏飯1本で勝負する理由

フードトラックを始めた当初は、グリルチキンとオムライスを提供していました。ところが当時、
生卵を使用することがダメになった時期があり、断念。そこで、鉄板でチキンをパリパリに焼いて
ごはんとサラダを合わせる“鉄板鶏飯”に変更しました。なぜ“鶏”にこだわるのか。

答えはシンプル、「鶏肉が好きなので」。
回転率を速くするため、このメニュー1本を貫いています。

和風ダレへのこだわり

メニューは1本。ただ、そこに合わせるタレは、和食の経験を生かし“和”にこだわります。
大根としょうがのおろし、柚子胡椒、みそ、明太子の4種はどれも手作りで、そこにガーリックが加わり5種類から選べます。
塩こしょうと生姜で下味をつけた鶏を、熱々の鉄板でパリパリに焼き、ごはんの上にステーキ1枚分、約200gの鶏をドドン。
そこにいんげんとお漬物、週替わりのおかずを添え、サラダ付ならさらにその上からドドンと乗せ、タレをかけて完成です。

<この日の週替わりおかずはソーセージ(右)。煮物やパスタサラダのときもあります。左がメインの鶏肉>


<フタが閉まらないんじゃないかと思うほどボリュームの鉄板鶏飯サラダ付 620円。
 ごはんも200gでリーズナブル! サラダなしは550円>


<安いので、ぜひ充実したトッピングもプラスしたい>

将来の夢はフードトラック所有3台、
そして店舗を持つこと

3人のパパでもある北河さん。お子さんを幼稚園に預け、今はお嫁さんの智美さんとフードトラックに立っています。
ゆくゆくはスタッフを増やしてフードトラック3台を回し、そして鶏メインの居酒屋を展開していきたいと語ります。

フランス語で“太陽”を意味するソレイユ。フードトラックという、小さなキッチンから作られるごはんは、
太陽に照らされているかように、身も心も温か満足。そんな鉄板鶏飯をどうぞ!

==========================
Writing/photo湯野澤いづみ

RECENT POSTS

メイン
2018.12.24出店者インタビューVol.29「Little Kitchen Soleil」北河陽路さん
メイン
2018.12.11番外編~クリスマス~ サンタクロースになって絵本を贈ろう「Book Santa 2018」
メイン
2018.12.03中野あるき Vol.11 猫を幸せにする保護猫カフェ「NECO REPUBLIC」
スクリーンショット 2018-12-03 16.43.46
2018.12.03出店者インタビューVol.28「OmtRak」伊藤優さん
メイン
2018.11.29出店者インタビューVol.27「アドベンチャーズパーティ」宮澤寿夫さん

ARCHIVE

CATEGORY

PAGETOP