出店者インタビューVol.15「洋食亭」工藤 晃さん

CATEGORY | INFORMATION,SHOP
POSTED | 2017年12月4日

いつも美味しいランチを提供してくれるフードトラック。普段は聞けないお店のヒストリーや、料理、素材へのこだわりを知ると、美味しい料理がさらに身近に、美味しく感じられるもの。
今回は、毎週金曜日に出店している洋食のお店「洋食亭」をご紹介します。

黄色いカラーが特徴の洋食亭。いつも陽気な音楽が流れてくるフードトラックのなかを覗くと、いつも爽やかな笑顔の工藤さんが出迎えてくれます。

地元・青森で居酒屋を経営していたこともあるという工藤さん。この仕事を始める前は飲食とはまったく関係のない職業に就いていたこともあるそう。それでもフードトラックをやろうと思ったのは、工藤さんの実の妹さんが東京でフードトラックの仕事をしていたから。

“兄妹2人でおなじ仕事をすれば、支え合いながら仕事ができるんじゃないかと思ったんです。”

と工藤さん。なんと家族思いなのだ…。

工藤さんが提供する料理は、大人から子どもまで誰もが大好きな定番の洋食メニュー。そのなかでメインとなる2つのメニューは、グリルしてからじっくりと煮込み味が染み込んだ「ハンバーグ」と、しっかりとグリルして旨味を閉じ込めた鶏もも肉の「グリルチキン」。


<グリルチキン 650円(半熟たまご付き=700円)クリームソースとアラビアータソースがけ>

そして洋食亭では、この2つのメニューにトッピングするソースとして、4種類のソースを用意。「デミグラスソース」、「トマトソース」、「クリームソース」、「アラビアータソース」のなから2種類をチョイスすることができ、一度のランチで2つの味を楽しむことができます。

ソースの組み合わせは6通り。「ハンバーグならこのソースとこのソース、グリルチキンならソースとこのソース!」と、ぜひ、あなたのお好みの組み合わせを探してみてください!

Writing/photo加茂 光(1,2枚目) 湯野澤いづみ(3,4枚目)

RECENT POSTS

トビラ
2018.09.13中野あるき Vol.10 さよなら孤食「にこにこカフェ~子ども食堂~へ行こう」
メイン1
2018.08.28出店者インタビューVol.25「tamago boy」水越祐治さん
37
2018.08.23高円寺あるき Vol.3 “血が騒ぐ”を体感しよう!「東京 高円寺阿波おどり」
メイン
2018.08.02阿佐ヶ谷あるき Vol.2 100体もの手作りハリボテを観に行こう!「阿佐ヶ谷七夕まつり」
メイン
2018.07.26出店者インタビューVol.24「キミドリ.」筋野仁美さん

ARCHIVE

CATEGORY

PAGETOP