中野あるきVol.3 照明屋さんが作った雑貨店「Lampada」

CATEGORY | INFORMATION,SHOP
POSTED | 2017年8月21日

中野駅北口を出て、この時期 ソメイヨシノの緑トンネルが
涼しい中野通りをのんびりと北へお散歩すること約15分。

新井薬師にほど近いそこで、「選べる照明 使える雑貨」の暖簾に
吸い込まれるように入ったのは、照明屋さんが作った
インテリア&フェアトレードのお店「Lampada(ランパダ)」。

店内に所狭しと吊るされるカラフルなランプたちに目を輝かせ
興味津々だったわたしに、「こんにちは。このお店はもともと、
創業70年の“新洋電気”という、木と和紙を使った照明の製造販売や、
輸入シェードに電球などをつけて販売するセミプロデュースなども
行っている照明メーカーのショールームとして始まったんです」、
とご丁寧に説明くださったのは、店長の新谷鮎子さん。

店内には日本、アジア、アフリカなど世界各国の灯りがやわらかく降り注ぐ。

null
<新洋電気オリジナル、ワーロン(藍や山吹などの和紙を樹脂で挟み込んだシート)と杉のランプ“彩”(左)と、
漆工芸に用いられる伝統の拭き漆技法を取り入れた杉の“簾”(右)>


<カラフルで斬新なアフリカ布をセミプロデュースしたランプ>

吊るされたランプたちを見上げていた目線を戻しても、ランプだけじゃない雑貨のオンパレードに、
あっちもこっちもと、ウキウキして飽きることがない。


<世界各国のランプは300点以上! 「照明やインテリアコーディネートのことならスタッフになんでも聞いてください」>

「一日の元気をチャージする場所であるお部屋をプロデュースするお手伝いができればと、
これらのランプに合うインテリアや雑貨、白熱電気、わたしたちと同じ“モノを作る立場から、
世界のモノを作る人も大事にしたい”という想いで、フェアトレード商品も置くようになりました。
イタリア語で“ランプ”を意味するLampada、こうして“雑貨店”になり、約20年経ちました」と鮎子さん。

発展途上国で作られた製品を適正な価格で継続的に取引することによって、
生産者の持続的な生活向上を支える公平貿易、フェアトレード。

「海外のものを買うなら、せめてフェアトレードのモノを選び、世界が平和であるように」という願いで
取り扱いを始めたのは、同じくこのお店に立つ新谷久美子さん。
そう、鮎子さんのお母さまであり、新洋電気は久美子さんの義理のお父さまが初代代表、
Lampadaは久美子さんが始めた、なんともすてきな家族経営のお店なのです。


<夢を叶え、シェアする新谷さん親子。水草を編んで作られたバングラデシュの
フェアトレードカゴや刺繍雑貨は人気商品>


<LEDの普及で最近はなかなか手に入らないけれど、柔らかな手作り感ある灯りで
よりくつろげる白熱電球もさまざまな種類をご用意>


<残暑も活躍する、合成着色料や染色剤を使わない無添加の菊花せんこうや
陶器アーティストによる鯛の線香皿なども豊富>

フェアトレードアイテムには雑貨にアパレル、キッズ服、石鹸や化粧水などの生活用品のほか、
紅茶やスパイスなどのオーガニック商品も扱っているため、
それらを一口サイズの試食でなく、こんな風に使えるよ、というレシピ提案のお手伝いが目的で、
雑貨店Lampadaから徒歩1分の場所に、カフェLampadaⅡも7年前にOPEN。
9月の1ヵ月間、両店舗でオーガニックフェアを開催するなど、不定期で様々なイベントも開催されているので、
ダブルで愉しめるのがうれしい。


<外観からオーガニック感あふれるLampadaⅡは、土・日・月曜のみOPEN>


<オーガニック食品も販売されており、「このメニューにはこの食品を使っています」とスタッフさんが丁寧に説明してくださるのもうれしい>


<東都生協のヨーグルトに、マンゴーやカシュー、オートミールがミックスされたフェアトレードグラノーラを一緒に頂くデザートでひと休み>

作る、シェアする、提案のお手伝いをする…、ご家族みんなの想いが会社となり、お店になる、
LOVEとPEACEが溢れるLampada。
PICNIC GOHANを食べたあとのお散歩コースはLampadaでキマリ!

==========================
Lampada(ランパダ)
【住所】東京都中野区中野新井1-43-7
【Tel】03-5343-5053
【Open】11:00~19:00
【Close】木曜
【最寄り駅】JR「中野」駅北口より徒歩約15分

LampadaⅡ(ランパダ ツー)
【住所】東京都中野区中野新井2-12-9
【Tel】03-5343-5053
【Open】12:00~18:30
【Close】火曜~金曜
【場所】Lampadaより徒歩約1分
http://www.lampada.co.jp/lampada/lampadatop.html

Writing/photo湯野澤いづみ

PAGETOP